Metaspaceの上限設定がされていません

これまでのColdFusionで、「JVM 引数」内で指定されていた Metaspaceの上限設定(-XX:MaxMetaspaceSize=Xm) がColdFusion 2021 では削除されました。

これは、運用するアプリケーションによって、ColdFusion 2016や2018にて、運用中に Metaspace が不足してOutOfMemory が発生していた報告が複数あった事による変更となります。

アプリケーションによって、デフォルトで指定されていた 192m では不足したことによって発生していました。そのため MaxMetaspaceSizeを増やすなどの対応が必要でした


ColdFusion 2021 ではこの制限が削除されたため、MetaSpace が制限なく使用する動作となります。これによって、これまで発生していたようなMetaspaceの不足によるOutOfMemoryの発生が解除される反面、運用されるアプリケーションによって(例えば、動的に.cfmや.cfcファイルを生成してロードするような処理が多数ある場合)、運用中にOS の実メモリが増加し続ける場合があります。

Metaspaceの上限を設定していない場合は、ヒープのFullGCが実行されるまで、Metaspace内にロードしたクラス情報などが残り続けます。そのため、以前のバージョンと比べて、運用中にメモリ使用量が上がり続けるなどが発生して、実メモリを使い切ってしまい、ページングが発生してパフォーマンスが落ちる、障害などが発生する可能性があります。

もし、以前のColdFusionと比較して、運用中にメモリや増え続けるような状況になる場合は、個別にMetaspaceの上限(-XX:MaxMetaspaceSize=XXXm)を指定(384m~576mから設定し、OutOfMemoryが発生する場合はさらに増やして)ください。
 


記事公開日:2022年03月30日
最終更新日:2022年03月30日


x

Sample Modal Window

This is just a sample…

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent suscipit iaculis libero sed tristique. Quisque mollis dolor non tellus placerat vitae sodales lectus porta. Curabitur ut suscipit tellus. Maecenas rhoncus, ante vitae vehicula vestibulum, metus sapien dapibus tellus, et mattis dolor neque vitae nisl. Nullam eleifend ultrices ipsum eget pretium. Curabitur semper metus ut ante adipiscing nec volutpat sem rutrum. Nullam a nisi lacus, non interdum ante. Vivamus ante augue, commodo vel egestas sed, pharetra nec dui. Quisque sed tellus felis. Donec ipsum mauris, sagittis eu accumsan in, aliquam non ipsum.

Vestibulum tempor nunc nec felis scelerisque eget elementum erat dignissim. Ut vel ipsum mollis orci venenatis luctus. Aenean vehicula quam vel quam porttitor ac iaculis elit pulvinar. Proin consequat, ipsum eu venenatis semper, justo turpis posuere tortor, ac placerat metus nisl et lectus. Nulla cursus dui id nunc ullamcorper sed semper nisl lobortis. Aliquam erat volutpat. Phasellus arcu ante, imperdiet in ornare sed, laoreet eu massa.