プロキシ環境等でColdFusion2021とWebサーバーとの接続コネクタ登録時にエラーが発生する

ColdFusion 2021では、コネクタの設定の際に外部ネットワークを参照するようになっているため、プロキシ環境下など外部ネットワークへのアクセスが制限されている環境でWebサーバーとの接続コネクタを登録しようとした際に、エラーが発生します。

【エラーの発生例】

java.lang.NullPointerException
at com.adobe.coldfusion.connector.connectorinstaller.ParserUtils.parseXMLDocument (ParserUtils.java:103)
at com.adobe.coldfusion.connector.connectorinstaller.ConfigParser.getRootNode (ConfigParser.java:52)
at com.adobe.coldfusion.connector.connectorinstaller.ConfigParser.getTreeNode (ConfigParser.java:37)
at com.adobe.coldfusion.connector.connectorinstaller.ConfigParser.getConnectorHeartbeatPath (ConfigParser.java:200)
...

この不具合は、開発元の不具合データベースにも登録されています。また、下記の不具合情報のコメントの中で、問題が修正されたWebサーバーコネクタが公開されました。
https://tracker.adobe.com/#/view/CF-4210996

この不具合は今後のUpdateで修正予定となっていますが、それまでの間は開発元のサイトより個別パッチをダウンロードし、適用の上、対応してください。

【個別パッチの適用手順】

  1. 下記のサイトより、個別パッチの wsconfig.jar をダウンロードします
    http://cfdownload.adobe.com/pub/adobe/coldfusion/PR/cf2021gm/connector_patch/wsconfig.jar
    • 一部のブラウザ(Internet Explorerなどの以前のブラウザ)では、.jarファイルをダウンロードすると.zip の拡張子になってダウンロードされます。もし、ダウンロードしたファイルの拡張子が.zipの拡張子になった場合は、拡張子.zip を.jarに変更してください(.jarファイルはZip形式のファイルなので拡張子を変えるだけで大丈夫です)。
      もしくは、他のブラウザ(Edgeブラウザや、Chrome、FireFox)でファイルのダウンロードをお試しください。
  2. [cf_root]/cfusion/runtime/lib/(例:c:\ColdFusion2021\cfusion\runtime\lib)にある、wsconfig.jar を別の場所(ColdFusion2021のインストールフォルダ以外の場所に)移動してください
     
  3. 手順1.でダウンロードした wsconfig.jar を上記のフォルダに配置します
     
  4. [cf_root]/config/wsconfig 内を確認します。事前に設定を試している場合は、登録に失敗した数字フォルダ(1,2,3...)が複数存在しています。それらフォルダを手動で削除して下さい
     
  5. 事前に設定を試している場合は、[cf_root]/cfusion/runtime/bin/にあるwsconfig.exe | wsconfig を実行して設定を試したWebサイトに対して、[追加]→[削除]を行ってください。これにより、Webサーバー側に残っている設定の消去を試みます
    • 複数のWebサイトで設定を試された場合は、[追加]→[削除]の操作を試されたWebサイトに対してそれぞれ一度ずつ行ってください
       
  6. 事前に設定を試している場合は、Webサーバーの設定を開き、ColdFusionの設定が残っていないことを確認してください
     
    • IISの場合、「IISマネージャー」を開き、以下の設定が残っている場合は削除してください
      • IIS->[ローカルPC(左側ツリーの上から2番目のPC名)]
        1. [ISAPおよびCGIの制限]
          tomcat_DefaultWebSite、tomcat_すべてなど、ColdFusion2021へのパスの設定が残っている場合は削除してください
        2. [ISAPIフィルター]
          tomcat_DefaultWebSite、tomcat_すべてなど、ColdFusion2021へのパスの設定が残っている場合は削除してください
        3. [ハンドラーマッピング]
          *.cfc, *.cfm, *.cfml, *.cfr, *.cfswf, *.hbmxml の設定が残っている場合は削除してください
        4. [既定のドキュメント]
          index.cfm の設定が残っている場合は削除してください
           
      • IIS->[各Webサイト(Default Web Site等)]
        1. [ISAPIフィルター]
          tomcat_各Webサイト(DefaultWebSite)の設定が残っている場合は削除してください
           
    • Apacheの場合、指定先の httpd.conf の末尾に、mod_jk.conf や mod_jk_vhost.conf の Includeが残っている場合は、(それがColdFusion 2021の設定であることを確認した後)削除してください。
      ・Include "/etc/httpd/conf/mod_jk.conf"
      ・Include "/opt/coldfusion2021/config/wsconfig/1/mod_jk_vhost.conf"

      また、httpd.conf が置かれた同じフォルダに mod_jk.conf や mod_jk.so、workers.propertiesが残っている場合は、それもColdFusion 2021の設定で追加されたものであることを確認した後、削除してください。
       
  7. [cf_root]/cfusion/runtime/bin/にある wsconfig.exe | wsconfig を実行して、目的のWebサイトに対して[追加]を行い、追加後、動作をご確認ください
    (※IISのWebサイトで「すべて」を選択した際に発生する問題は修正されておりません。次回のUpdateで修正される予定です


 


記事公開日:2021年02月22日
最終更新日:2021年04月15日


x

Sample Modal Window

This is just a sample…

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent suscipit iaculis libero sed tristique. Quisque mollis dolor non tellus placerat vitae sodales lectus porta. Curabitur ut suscipit tellus. Maecenas rhoncus, ante vitae vehicula vestibulum, metus sapien dapibus tellus, et mattis dolor neque vitae nisl. Nullam eleifend ultrices ipsum eget pretium. Curabitur semper metus ut ante adipiscing nec volutpat sem rutrum. Nullam a nisi lacus, non interdum ante. Vivamus ante augue, commodo vel egestas sed, pharetra nec dui. Quisque sed tellus felis. Donec ipsum mauris, sagittis eu accumsan in, aliquam non ipsum.

Vestibulum tempor nunc nec felis scelerisque eget elementum erat dignissim. Ut vel ipsum mollis orci venenatis luctus. Aenean vehicula quam vel quam porttitor ac iaculis elit pulvinar. Proin consequat, ipsum eu venenatis semper, justo turpis posuere tortor, ac placerat metus nisl et lectus. Nulla cursus dui id nunc ullamcorper sed semper nisl lobortis. Aliquam erat volutpat. Phasellus arcu ante, imperdiet in ornare sed, laoreet eu massa.