株式会社コラボスタイル

 

会社名 株式会社コラボスタイル
URL http://www.collabo-style.co.jp/
担当窓口 営業部
連絡先TEL 03-6261-2282
連絡先 https://www.secure-cloud.jp/sf/1436426157BEhXwpQz (問い合わせフォーム)
本社所在地 東京

 

製品名・アピールポイント
製品名


Excel帳票をデザインしてWebフォームに変換。申請経路をパズル感覚で簡単設定し、1申請書類から運用が可能なワークフロー。充実の連携パーツで様々なシステム連携も可能!
コラボフロー
製品URL:http://www.collabo-style.co.jp/workflow.html

アピールポイント

誰もが使えるExcelをデザイナーツールとして使うワークフロー「コラボフロー」は、Excelのセルを自由に区切って、自由に罫線、背景色などを設定したExcelファイルをボタン一つでWebフォーム化。
社内に散らばるExcelをWeb化して承認フローを回すことにより、信頼できるデータベースを作り上げる。

■1分で理解するコラボフロー* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1.Excelでフォームデザイン
使い慣れたExcelを申請書設計ツールとして使うので、自由自在にフォームをデザインできる。
申請書設計のために難しい専用ツールの操作方法を覚える必要はない。

2.ボタン1つでWebフォーム化
Excelファイルをボタン1つで申請書フォームに変換することができる。
Excelに設定されたセル区切りや罫線、テキスト色や背景色が反映された申請書フォームをかんたんに作成できる。

3.直感的に経路を設定
経路は、「人」と「連携パーツ」を配置するだけのかんたん設定なので、直感的に設定できる。
「人」を置くか「アクション」を置くかを指定するだけで、申請者の部署に応じた経路が自動で設定される。


■2つの提供方法* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

コラボフローは、パッケージとクラウドの2つの提供方法を用意。企業の運用に合わせて利用方法を選択できる。

1.パッケージ
コラボフローの高度な機能を活用し、業務改善を大きく広げていきたい企業に最適。

2.クラウド
コラボフローのかんたん設定で手間なく業務改善を始めたい企業に最適。


■オプションで更に便利に* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

・サイボウズが提供するkintoneに本格ワークフロー機能をプラスする「コラボフロー for kintone オプション」

・サイボウズが提供する大規模向けグループウェア製品サイボウズ ガルーンと連携する「コラボフロー for ガルーンオプション」をご用意。

 


x

Sample Modal Window

This is just a sample…

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent suscipit iaculis libero sed tristique. Quisque mollis dolor non tellus placerat vitae sodales lectus porta. Curabitur ut suscipit tellus. Maecenas rhoncus, ante vitae vehicula vestibulum, metus sapien dapibus tellus, et mattis dolor neque vitae nisl. Nullam eleifend ultrices ipsum eget pretium. Curabitur semper metus ut ante adipiscing nec volutpat sem rutrum. Nullam a nisi lacus, non interdum ante. Vivamus ante augue, commodo vel egestas sed, pharetra nec dui. Quisque sed tellus felis. Donec ipsum mauris, sagittis eu accumsan in, aliquam non ipsum.

Vestibulum tempor nunc nec felis scelerisque eget elementum erat dignissim. Ut vel ipsum mollis orci venenatis luctus. Aenean vehicula quam vel quam porttitor ac iaculis elit pulvinar. Proin consequat, ipsum eu venenatis semper, justo turpis posuere tortor, ac placerat metus nisl et lectus. Nulla cursus dui id nunc ullamcorper sed semper nisl lobortis. Aliquam erat volutpat. Phasellus arcu ante, imperdiet in ornare sed, laoreet eu massa.