ColdFusionがサポートするJavaについて

2021/7/21 17:00更新

ColdFusion開発元のフォーラムにて、情報が更新されました。 Azul Zulu JDKを使用したColdfusionインストーラの公開は延期されるとのことです。 詳しくは、下記のフォーラムの投稿をご覧ください
https://community.adobe.com/t5/coldfusion/urgent-update-support-for-azul-openjdk/td-p/12188322


ColdFusion開発元のフォーラムにて、今後のJavaサポートに関するアナウンスが行われました

Support for Azul JDK(Azul JDK のサポート) 

2021/6/22 時点の情報(標準時間に関する説明を7/12に追記)

  • 2021/7/21(標準時間となるため、日本時間では同日夜間~翌日の公開となる可能性もございます)に、これまでの Oracle JDK の同梱から Azul Zulu JDK の同梱に変更した ColdFusion 2021 と 2018 新インストーラーが提供される予定です
  • 新インストーラーのプレリリースビルドが、Adobeプレリリースサイトで公開されていますので、事前に新インストーラーのテストが可能です。希望される方は、上記のリンク先より プレリリースサイトにアクセスしてください(Adobe IDが必要です)
  • 同時に ColdFusion 2021 Update 2 と 2018 Update 12がリリースされます。既存のCF2021, 2018ユーザーも、このUpdateを適用することで Azul Zulu JDKがサポートされます(詳しくは、プレリリースサイトにて公開されているドキュメントをご確認ください)
  • アドビが配布しているOracle Javaテクノロジーの使用権は、2022年12月で期限が切れます。今後の ColdFusion のUpdate、パッチ、バグ修正を活用するために、Azul Zulu JDK の動作確認を早く計画して頂き、切り替えを行って頂くことをお勧めします。
  • コアサポートが終了しているCF2016、および、サポートが終了しているCF11以前の新しいインストーラー、Updateは提供されません。したがって、Azul Zulu JDK のサポート予定はありません。
  • CF2016以前のバージョンで、ColdFusionダウンロードサイトから Oracle JDKをダウンロードして使用している場合、「アドビが配布しているOracle Javaテクノロジー」に該当するため、2022年12月で使用権がなくなります。それまでの期間に以下をご検討ください
    1. (推奨)ColdFusion をバージョンアップする
    2. 別途 Oracle 社と Oracle JDK の使用に関するサポートを契約して頂き、有償版のJava 11、または Java 8 を使用し続ける
    3. 無償版の Java 8 の最終リビジョン(Java 8u 201)に戻す(セキュリティリスク高)

x

Sample Modal Window

This is just a sample…

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent suscipit iaculis libero sed tristique. Quisque mollis dolor non tellus placerat vitae sodales lectus porta. Curabitur ut suscipit tellus. Maecenas rhoncus, ante vitae vehicula vestibulum, metus sapien dapibus tellus, et mattis dolor neque vitae nisl. Nullam eleifend ultrices ipsum eget pretium. Curabitur semper metus ut ante adipiscing nec volutpat sem rutrum. Nullam a nisi lacus, non interdum ante. Vivamus ante augue, commodo vel egestas sed, pharetra nec dui. Quisque sed tellus felis. Donec ipsum mauris, sagittis eu accumsan in, aliquam non ipsum.

Vestibulum tempor nunc nec felis scelerisque eget elementum erat dignissim. Ut vel ipsum mollis orci venenatis luctus. Aenean vehicula quam vel quam porttitor ac iaculis elit pulvinar. Proin consequat, ipsum eu venenatis semper, justo turpis posuere tortor, ac placerat metus nisl et lectus. Nulla cursus dui id nunc ullamcorper sed semper nisl lobortis. Aliquam erat volutpat. Phasellus arcu ante, imperdiet in ornare sed, laoreet eu massa.