ColdFusion 2016 非推奨(deprecated)機能が更新されました

ColdFusion 2016 リリースに伴い、非推奨または削除になった機能一覧が更新されました。

Deprecated Features(英語)
https://helpx.adobe.com/coldfusion/deprecated-features.html

ページの表に変更があり、Deprecated since、Deprecated and unsupported since、Removed sinceに分類されています

  • Feature … 対象となる機能
  • Deprecated Since … 非推奨
    Adobeは、非推奨となった機能を新しいアプリケーション開発に使用する事をお勧めしません。これはAdobeが該当の機能に対して何らかの機能追加や機能拡張、変更を加える予定が無い事を意味します。しかし、ドキュメントに記載された機能通りに動作しない場合等の修正やセキュリティ問題の修正などは引き続き提供される予定です。
  • Deprecated and unsupported since … 非推奨・非サポート
    今後、何らかの問題等が確認された場合も不具合修正は行われません。ただし、セキュリティの問題の場合は、Adobeは対応の検討を予定します。
  • Removed since … 削除
    この機能は削除され、記載されているバージョン以降では動作しません。

 

ColdFusion 2016 から非推奨、非サポートとなった機能の主な特徴

  • ライブラリ側の開発終了による、非推奨および非サポート化
    • YUI tool kit を利用している cftree, cfcalendar, cfautosuggest, cfmenuタグなど
    • Spry を利用している cfsprydatasetタグなど
    • 他、Portlets, Report Builderなど
  • タグや関数で Flash を利用している物やFlashベースのライブラリの非推奨、または非サポート化
    • Event gateway のうちの Flash Media server
    • Server Manager (AIRアプリ) や Server Monitor (Flashベースの画面)
    • cfchartタグ で Flashベースのグラフの生成(他の画像形式やHTML(Enterprise版)のグラフの生成は引き続きサポートします)
    • Flash フォーム (cfform format="flash")
    • cffileuploadタグ(ファイルをアップロードする画面がFlashベースの画面です)
    • cfmediaplayer(Flashベースの再生プレーヤーへのフォールバック)
    • ※ Flash Remoting や Remote Object は該当外です
  • ColdFusion 11で非推奨となった機能→非推奨・非サポート化
    • HTMLEditFormat関数を除いた機能すべて

 


記事公開日:2016年02月17日
最終更新日:2016年03月17日


x

Sample Modal Window

This is just a sample…

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent suscipit iaculis libero sed tristique. Quisque mollis dolor non tellus placerat vitae sodales lectus porta. Curabitur ut suscipit tellus. Maecenas rhoncus, ante vitae vehicula vestibulum, metus sapien dapibus tellus, et mattis dolor neque vitae nisl. Nullam eleifend ultrices ipsum eget pretium. Curabitur semper metus ut ante adipiscing nec volutpat sem rutrum. Nullam a nisi lacus, non interdum ante. Vivamus ante augue, commodo vel egestas sed, pharetra nec dui. Quisque sed tellus felis. Donec ipsum mauris, sagittis eu accumsan in, aliquam non ipsum.

Vestibulum tempor nunc nec felis scelerisque eget elementum erat dignissim. Ut vel ipsum mollis orci venenatis luctus. Aenean vehicula quam vel quam porttitor ac iaculis elit pulvinar. Proin consequat, ipsum eu venenatis semper, justo turpis posuere tortor, ac placerat metus nisl et lectus. Nulla cursus dui id nunc ullamcorper sed semper nisl lobortis. Aliquam erat volutpat. Phasellus arcu ante, imperdiet in ornare sed, laoreet eu massa.